高い車検を安くする、得する車検の方法あれこれ

ディーラーが一番高く色んな物がついてくる

車検で一番高いとされるディーラー車検ですがその分専任の整備士が請け負っているので機械面で安心、というイメージがあります。しかしそれは一部特殊で複雑な車種(RX-7等のロータリー車、プリウス等のハイブリッド車種)であればアドバンテージがありますが、そうではない構造が単純な車種においてはディーラーでの車検は割高となります。自動車の構造という物は新機軸を盛り込まなければ大体前モデルや他のモデルからの使い回しが多く何年も変わり映えしない物なのです。そしてディーラーでは色々な人が関わっており中には直接利益に関与していない人達もいます。それらの人達の利益を稼ぐ為に費用を盛られて高くなっているので、見積をよーく見ると不自然に清掃やまだ耐用年数内の物まで変えようとする傾向がみられます。車検の固定費は重量税+自賠責で大体高くても6万前後です。見積額から固定費を引いて高いと感じたなら整備工場や車検量販店での見積を検討するのも手でしょう。

整備工場や車検量販店の実力は

さて前項で整備工場や車検量販店の見積も検討するのも手と書きましたが、こちらも車の整備をして貰えて費用はディーラーより安い事が多いのが特徴でしょう。整備工場はその整備士の腕次第でピンからキリまであり腕の良い整備士を見つける事がキーとなります。複雑な故障でも直して貰える反面、最新技術が盛り込まれた車種や複雑な構造の車は苦手としています。一方で車検量販店でも整備付き車検はして貰えますが複雑な故障への対応は断られる事が多いです。こちらは整備工場よりも安いので故障が無ければ検討も有りかなというところですね。

最も安いユーザー車検だが

車検で一番安いのはユーザー車検で、自分で陸運局まで行ってやる分手間はかかる物の費用は驚くほど安く済みます。ただし陸運局は平日のみの為社会人が行こうとすれば休暇が必要になります。ユーザー車検は整備は行わず車検に通すだけなので、どこか故障があると直さねばならずその分の費用が掛かるでしょう。更に事前事後に整備を行わなければ故障等で事故に会う確率は高くなりますね。費用の面でユーザー車検が望ましいが休暇が取れない方にはユーザー車検の代行という手もあります。これは自分で車検を受けに行く事ができない場合に受けてきてくれる物で、点検整備は行わない為格安で依頼できる点が魅力です。(大体1万円前後が多いです)ただし代行業者が認証工場の場合は点検整備も請け負ってくれるところもあります。近年では代車を貸してくれたり代車費用が無料のところも出てきて更にお得になりました。ユーザー車検は安いので代行費用を加算しても圧倒的に安いのが魅力の一つ言えます。

自動車検査登録制度を略したものです。普通車の場合は2年に一度受けなければなりません。(新車では3年)切れた状態では公道を走行することはできません。

まだ口に入れちゃう赤ちゃんのおもちゃ選び、キャラクター以外で探すなら素材!

よく耳にするけど、どういいの?「木」

赤ちゃんには木で作られたおもちゃがいい、というのをよく耳にしますが具体的にどういいのか気になりますよね。特徴は、触れたときに「人肌に近い温かみがあること」でしょう。大人が檜風呂やコテージなど木に触れると安心するのと同じで、赤ちゃんも木に触れると安心するのです。また、木という素材は大変身近なものですので、親しみがあるのも特徴のひとつなのではないでしょうか。木のおもちゃといえばアイボリー色を想像しがちですが、口に入れても安心な塗料を使用しているおもちゃもありますので、お部屋がさみしくなることもありません。

おいしい香りがする?「お米」

主原料がお米のおもちゃなんてあるの?!と驚かれる方も多いのではないでしょうか。食品から作られているなんて、聞いただけで赤ちゃんが口に入れても安全な商品なのだとわかりますよね。お米は日本人がよく口にするものではありますが、その前に「初めて口にするもの」でもあるのです。離乳食は、お粥から始まりますからね。さて、お米から作られているおもちゃですが、やはり作っている工場では「お米を炊いたようないい香り」がするそうですよ。おもちゃ自体からもきっとごはんの香りがするのでしょうね。お米から作っているだけあって、見た目が白色のおもちゃではありますが、子どもが3歳ぐらいになった時に「ママが作るごはんと同じ色だね。」などと会話が出来るのも楽しみなのではないでしょうか。

ちょっと早いけどクレヨンでも!「蜜蝋」

まだ赤ちゃんなのにクレヨンなんて早い!と思われがちですが、実は1歳になる前からクレヨンで遊ぶ子どもも多いのです。クレヨンと言っても、幼稚園で使われているようなものではなく、ちゃんと「赤ちゃん用のクレヨン」があるのです。その特徴は、まだ力加減のわからない赤ちゃんでも折れにくいこと、大胆に画用紙からはみ出ても水拭きで汚れがとれること、赤ちゃんの手の大きさに合わせて持ちやすいことです。のどに詰まらない大きさのもの、というのもあります。でも、赤ちゃんがもし舐めちゃったら心配ですよね。実は、蜜蝋で作られているものがあるのです。聞き慣れない素材ですが、身近でも蜜蝋というものは使われています。例えば、ママが使っている保湿性リップクリームなどにも使われていますよ。赤ちゃんがもし舐めちゃっても安心なものってわかりますよね。クレヨンは消耗品ですし、プレゼントでも喜ばれるのではないでしょうか。

おもちゃの買取は通販サイトを利用する方法がおすすめです。サイトを比較して、高額買取を実現できるところを探しましょう。

ジムに通って美ボディを手に入れちゃおう!

相性の良いジムを選びましょう

誰でも美ボディは憧れるもの。でも、自己流の筋トレやスポーツダイエットをすると、いらないところに筋肉がついたり、とれてほしい脂肪が取れなかったりしますよね。それなら、手っ取り早く専門のインストラクターがいるジムに駆け込みましょう!ただし、ジム選びには気を付けて!!CMで有名なジムだから・著名人の世話もしているインストラクターだからという理由だけで選ぶと長続きしません。ジム全体の雰囲気や、スタッフ。トレーニングマシンやシャワールームなどの使い勝手も試してみてから通うジムを決めてくださいね!

鍛えたい場所はどこですか?

全身をいっぺんに美しくしたい!というのが誰しもの希望なのですが、全てを一度にシェイプアップさせようとすると、トレーニングの時間が長くなりますし、つらくなって長続きしません。まずはストレッチなどで汗ばむ程度に身体を温めたら、気になる部位から重点的に鍛えましょう!毎回同じ部位でなくても構いません。今日は二の腕・明日は太もも、翌週はまた二の腕からというようにメニューを組めば、飽きも来なくて続けやすいですよ!

ジム以外の時間も有効的に!

ジムに通って運動していると、とっても鍛えていると感じてしまいます。でも、仕事もあるし家でやることもあるから、それほど長時間はジムにいないはず。ジムは効果的なトレーニングの方法を教わる場所と考えてください。ジム以外の日常生活のほうがもちろん長いですから、こちらも有効的に使いましょう!デスクワークなら座っている姿勢を良くするだけで脂肪燃焼度が変わりますし、一息つくために立ち上がって伸びをするだけでストレッチ効果があります。なるべく階段を使用したり、お尻をキュッと締めて歩くなどちょっとした工夫が美ボディへの第一歩ですよ!

スポーツクラブを浦和で行う際にはプールやサイクリングマシーンなど整備されているので、利用しやすいです。